2018年04月27日

片頭痛の前兆

12.jpg




前兆が出るタイプ

片頭痛は前兆のない場合と前兆のある場合の2タイプに分けられます。
前兆のある人は20~30%といわれています。
前兆とはどの様なものかを見ていきましょう。

閃輝暗点

目の前にチカチカと光るフラッシュのようなもの
ギザギザした光、稲妻のような光が見えることがあります。
視野の片側、または中心部が見えにくくなる場合もあります。
この様な前兆を閃輝暗点と呼ばれています。

その他の前兆

言葉が話しにくくなる失語性言語障害、感覚が鈍くなる感覚異常も前兆です。
前兆期に入るとあくび、肩こりがひどくなる場合もあります。
前兆の多くは15~30分で消失し、続いて片頭痛が始まります。

片頭痛は、市販薬でうまくコントロール出来る場合もあります。
しかし頭痛が続く、市販薬が効かない、寝込むなどのケースは自己判断で対処せず医療機関に掛かるのが適切です。



片頭痛改善症例





posted by 哲州 at 11:51| 片頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。